2017/11/11(土)〜2017/11/17(金)まで上映

-ヒッチコックの映画術-
『ヒッチコック/トリュフォー』 + 『裏窓』 / 『ダイヤルMを廻せ!』 / 『見知らぬ乗客』
★ドキュメンタリー『ヒッチコック/トリュフォー』は1週間上映です。 併映作品(ヒッチコック監督作品)は日替わり上映となります。

【11/11(土)・14(火)・17(金)★3日間】
ヒッチコック/トリュフォー
10:40/14:20/18:00
裏窓
12:15/15:55/19:35(〜終映21:30)

【11/12(日)・15(水)★2日間】
ヒッチコック/トリュフォー
10:40/14:25/18:10
ダイヤルMを廻せ!
12:20/16:05/19:50(〜終映21:40)

【11/13(月)・16(木)★2日間】
ヒッチコック/トリュフォー
10:40/14:20/18:00
見知らぬ乗客
12:20/16:00/19:40(〜終映21:25)
★混雑案内

ヒッチコック/トリュフォー

pic
Hitchcock/Truffaut
(2015年 アメリカ/フランス 80分 DCP)
■監督・脚本 ケント・ジョーンズ
■出演 マーティン・スコセッシ/デビッド・フィンチャー/アルノー・デプレシャン/黒沢清/ウェス・アンダーソン
■開映時間
【11(土)・14(火)・17(金)】10:40/14:20/18:00
【12(日)・15(水)】10:40/14:25/18:10
【13(月)・16(木)】10:40/14:20/18:00
■物販情報
・パンフレット(850円)
©COHEN MEDIA GROUP/ARTLINE FILMS/ARTE FRANCE 2015 ALL RIGHTS RESERVED. PHOTOS BY PHILIPPE HALSMAN/MAGNUM PHOTOS

1962年にフランソワ・トリュフォーがおこなった敬愛する監督ヒッチコックへの歴史的インタビューを書籍化した、映画ファンのバイブル「映画術 ヒッチコック/トリュフォー」。その貴重なインタビュー音源とその後20年にわたるふたりの友情を感動的に映し出すドキュメンタリー。さらにマーティン・スコセッシ、デビッド・フィンチャーら現代の10名の巨匠たちが登場し、独自の視点でヒッチコック映画を解説する。
page top

裏窓


Rear Window
(1954年 アメリカ 113分 DCP)
■監督・製作 アルフレッド・ヒッチコック
■出演 ジェームズ・スチュワート/グレース・ケリー/セルマ・リッター
■開映時間
【11(土)・14(火)・17(金)★3日間】12:15/15:55/19:35(〜終映21:30)
■パンフレット販売なし
©1954 Patron, Inc. Renewed 1982 Samuel Taylor & Patricia Hitchcock O'Connell, as Co-Trustees. All Rights Reserved.

足を骨折し車椅子の生活を余儀なくされているカメラマンのジェフ。退屈しのぎに窓から向かいのアパートの人々を眺めるのが日課になっていた彼は、ある日、口論していた夫婦の妻がいなくなっていることに気づき…。コーネル・ウールリッチの原作をヒッチコックが大胆に改変、技巧の極みを尽くして映画化したワンセットドラマの傑作。
page top

ダイヤルMを廻せ!


Dial M for Murder
(1954年 アメリカ 105分 35mm)
■監督 アルフレッド・ヒッチコック
■出演 レイ・ミランド/グレース・ケリー/ロバート・カミングス/アンソニー・ドーソン
■開映時間
【11/12(日)・15(水)★2日間】12:20/16:05/19:50(〜終映21:40)
■パンフレット販売なし
©1997 Warner Bros., Monarchy Enterprises B.V. and Regency Entertainment (USA) Inc. All rights reserved.

元テニス選手のトニーと資産家の娘マーゴは一見仲の良い夫婦であったが、夫婦仲は冷めており、マーゴは推理作家マークと不倫の恋に陥っていた。それを知ったトニーはマーゴの殺害を企てるが…。フレデリック・ノットの戯曲の映画化。ヒッチコック作品初出演となるグレース・ケリーはその後立て続けに主演することになった。また、当時は立体映画(3D映画)として制作された。
page top

見知らぬ乗客


Strangers on a Train
(1951年 アメリカ 101分 35mm)
■監督 アルフレッド・ヒッチコック
■出演 ファーリー・グレンジャー/ロバート・ウォーカー/ローラ・エリオット
■開映時間
【11/13(月)・16(木)★2日間】12:20/16:00/19:40(〜終映21:25)
■パンフレット販売なし
©1951, Renewed © 1979 Warner Bros. Entertainment Inc.All rights reserved.

列車の中でガイは見知らぬ乗客に声をかけられる。その男はガイの私生活を驚くほどよく知っており、ガイの不仲な妻を殺す代わりに自分の父親を殺してくれと交換殺人を持ちかける…。『太陽がいっぱい』のパトリシア・ハイスミス原作の犯罪小説の映像化。交換殺人を持ちかけられた男の恐怖と動揺を描いた、アメリカ時代のヒッチコックの最高傑作と名高いサスペンス。
page top

next week>>

menu

上映スケジュール
ただいま上映中!
料金&劇場案内
劇場までのアクセス
メルマガ登録・解除
お知らせ&ニュース
ツイッター
page top

home
早稲田松竹映画劇場
TEL:03-3200-8968
新宿区高田馬場1-5-16

2009 WASEDASHOCHIKU.All Rights Reserved.
携帯アクセス解析