フェイスブック
ツイッター
今週の混雑案内
english
★週の途中で上映時間(上映順)が替ります。スケジュールにご注意ください。
★連日21:35より、特別レイトショー『雷魚』を上映いたします。詳しくはこちら

友罪
(2018年 日本 129分 DCPpic 2019年2月2日から2月8日まで上映
【2/2(土)-4(月)】 10:00 / 15:40
【2/5(火)-8(金)】 13:20 / 19:00
■監督・脚本 瀬々敬久
■原作 薬丸岳「友罪」(集英社文庫刊)
■撮影 鍋島淳裕
■照明 かげつよし
■美術 磯見俊祐
■音楽 半野喜弘

■出演 生田斗真/瑛太/佐藤浩市/夏帆/山本美月/富田靖子/奥野瑛太/飯田芳/小市慢太郎/矢島健一/青木崇高/忍成修吾/西田尚美/村上淳/片岡礼子/石田法嗣/北浦愛/坂井真紀/古舘寛治/宇野祥平/大西信満/渡辺真起子/光石研

■オフィシャルサイト
 https://gaga.ne.jp/yuzai/

■物販情報
・パンフレット(800円)

©薬丸 岳/集英社 ©2018映画「友罪」製作委員会

いくつもの人生が、決定的に変わってしまった“その日”。
すべては、ふたりの男の出会いから始まった――。

pic ある町工場で働き始めた元週刊誌ジャーナリストの益田と、自らの経歴を一切語らない鈴木。年齢以外の共通点は何もないふたりだが、同じ寮で暮らすうちに友情を育ててゆく。そんななか児童殺害事件が起こり、17年前に日本中を震撼させた凶悪事件との類似性が囁かれる。当時14歳だった犯人の少年Aはすでに出所していて、今度も彼の犯行ではないかというのだ。ネットに拡散していた少年Aの写真を見た益田は愕然とする…。

隣りで静かに微笑む友が
かつて日本中を震撼させた“あの事件”の
少年Aだったら――その問いに答えはあるのか。
瀬々敬久監督、渾身のヒューマンサスペンス!

picデビュー作で江戸川乱歩賞を受賞した人気作家・薬丸岳のベストセラー小説「友罪」。様々なタイプのミステリー作品を世に出したてきた彼が「発表する時、喜びよりも先に恐れを抱いた」と告白する問題作だ。そんな原作が、『64-ロクヨン-』など、緊迫感溢れるサスペンスと人間の本質を問う重厚なテーマを融合させた作品を作り続けてきた瀬々敬久によって映画化された。

益田役には生田斗真、鈴木役には瑛太。若手俳優の中で傑出した存在のふたりが、史上最難関の役に挑んだ。また、ふたりと関わることになる人々に扮するのは、夏帆、山本美月、富田靖子、そして佐藤浩市といった俳優陣。彼らもまた、他人には言えない秘密や罪を抱えており、物語の重要なピースとなっていく。

なぜ殺したのか? 益田が犯した罪とは? 鈴木に関わるふたりの女性の想いの行方は? 物語は予想もしない衝撃の結末へとなだれこんでいく。人間存在の謎に満ちた深みへと導くヒューマンサスペンスに、観る者すべてが心打たれる。

このページのトップへ
line

菊とギロチン
(2018年 日本 189分 DCP R15+
pic 2019年2月2日から2月8日まで上映
【2/2(土)-4(月)】 12:20 / 18:00
【2/5(火)-8(金)】 10:00 / 15:40
■監督・脚本 瀬々敬久
■脚本 相澤虎之助
■撮影 鍋島淳裕
■照明 かげつよし
■音楽 安川午朗

■出演 木竜麻生/東出昌大/寛一郎/韓英恵/渋川清彦/山中崇/井浦新/大西信満/嘉門洋子/大西礼芳/山田真歩/嶋田久作/菅田俊/宇野祥平/嶺豪一/篠原篤/川瀬陽太/永瀬正敏(ナレーション)

■オフィシャルサイト
 https://kiku-guillo.com/

■物販情報
・パンフレット(1000円)

© 2018 「菊とギロチン」合同製作舎

同じ夢を見て 闘った
「女相撲」×「ギロチン社」が世界に揺さぶりをかける!

pic大正末期、関東大震災直後の日本。混沌とした情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代。山形で発祥し、かつて実際に日本全国で興行されていた「女相撲」。様々な過去を背負い、強くなりたいと願う女力士たちが、少し頼りないが「社会を変えたい、弱い者も生きられる世の中にしたい」という大きな夢だけは持っているアナキスト集団「ギロチン社」の若者たちと運命的に出会う。

立場は違えど、彼らの願いは「自由な世界に生きること」。次第に心を通わせていく彼らは、同じ夢を見て、それぞれの闘いに挑む――。

時代に翻弄されながらも<自由>を求めて疾走する
若者たちの辿り着く先は――?
史実をもとにしたアナーキー青春群像劇!

傑作『ヘヴンズストーリー』から八年。瀬々敬久監督が、構想三十年、自身のオリジナル企画第二弾としてついに完成させた入魂作が『菊とギロチン』だ。

picヒロインの新人力士・花菊役には、約300名の応募者の中から選ばれた、本作が映画初主演となる木竜麻生。ギロチン社のリーダーで詩人の中濱鐵役に東出昌大。そのほか、寛一郎や韓英恵らフレッシュな「今」を感じさせる役者たちが、監督の情熱にこたえ、大正時代の若者役に体当たりで挑んだ。また、『バンコクナイツ』の相澤虎之助が共同脚本をつとめているのも注目だ。自身が所属する映像制作集団「空族」以外の作品での脚本執筆は、本作が初となる。

pic時代に翻弄されながらも、歴史の影でそれぞれの「生きる意味」を模索して、もがき、泥だらけになり、時にかっこ悪い姿をさらしながらも、自由を追い求め、世界に風穴をあけたいと願った若者たちの物語――アナーキーなエネルギーが溢れだす青春群像劇が誕生した。

line 雷魚
このページのトップへ