フェイスブック
ツイッター
今週の混雑案内
english
12/15(土)〜12/21(金) 上映スケジュール
モリーズ・ゲーム 10:40 15:30
アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル 13:15 18:05

終映20:10

★連日20:35より特別レイトショー『テル・ミー・ライズ』を上映いたします。詳しくはこちら
★レイトショー開催のため、18:05『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』がラスト1本割対象作品となります。

モリーズ・ゲーム
Molly's Game
(2017年 アメリカ 140分 DCP PG12pic 2018年12月15日から12月21日まで上映
開映時間 10:40 / 15:30
■監督・脚本 アーロン・ソーキン
■原作 モリー・ブルーム「モリーズ・ゲーム」(ハーパーコリンズ・ジャパン刊)
■撮影 シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
■編集 アラン・ボームガーテン/ジョシュ・シェファー/エリオット・グレアム
■音楽 ダニエル・ペンバートン

■出演 ジェシカ・チャステイン/イドリス・エルバ/ケヴィン・コスナー/マイケル・セラ

■第90回アカデミー賞脚色賞ノミネート/第75回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞、脚本賞ノミネート

■オフィシャルサイト
 http://mollysgame.jp/index.php

■物販情報
・パンフレット(720円)

© 2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

セレブを虜にしたのは
華麗なる破滅

pic モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルームは、大会で怪我を負いアスリートの道を諦める。LAでの休暇中、バイト先のボスからポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれたモリー。そこでは、ハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者らが法外な賭け金でポーカーに講じていた。やがて彼女はその才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するのだが、10年後、ある夜踏み込んできたFBIにより逮捕される。彼女を担当した弁護士は、打合せを重ねるうちに、目の前の女性がタブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知るのだが──。

トップアスリートから高額ポーカーの経営者へ
歓喜と破滅の裏に秘められた驚愕の実話!
天才脚本家アーロン・ソーキン初監督作品

2014年、一冊の回顧録が全米に一大スキャンダルを巻き起こした。さまざまなセレブの名が顧客リストに並ぶ、エクスクルーシブなポーカールームのオーナーだったモリー・ブルームが、謎のサロンの実態を明かしたのだ。

ハーバードのロースクールに苦もなく入れるほど頭脳明晰で、トップアスリートとしてオリンピック候補にもなった彼女がなぜ全く違う世界へと身を投じたのか? どうやって500万ドル近くの富を手に入れ、それをすべて失くしたのか? FBIの本当の目的は? 『女神の見えざる手』のジェシカ・チャステインがモリーを熱演し、数々の疑問に答えていく。

アカデミー賞脚色賞に輝いた『ソーシャル・ネットワーク』をはじめ数々の作品で天才的な脚本を書いてきたアーロン・ソーキンが、自ら初監督作品に挑んだ本作。世界一魅惑的で破滅的なゲームに秘められた、幾度もの失敗から立ち上がった一人の女性のパワフルな起死回生の感動ドラマが誕生した。

このページのトップへ
line

アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル
I, Tonya
(2017年 アメリカ 120分 DCP PG12
pic 2018年12月15日から12月21日まで上映
開映時間 13:15 / 18:05
■監督 クレイグ・ギレスピー
■製作 スティーヴン・ロジャース/ブライアン・アンケレス/マーゴット・ロビー/トム・アッカーリー
■脚本 スティーヴン・ロジャース
■撮影 ニコラス・カラカトサニス
■編集 タチアナ・S・リーゲル
■作曲 ピーター・ナシェル

■出演 マーゴット・ロビー/セバスチャン・スタン/アリソン・ジャネイ/ジュリアンヌ・ニコルソン

■第90回アカデミー賞助演女優賞受賞・主演女優賞、編集賞ノミネート/第75回ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞・作品賞、主演女優賞ノミネート

■オフィシャルサイト
 http://tonya-movie.jp/

■物販情報
・パンフレット(720円)

©2017 AI Film Entertainment LLC

彼女は世界中から愛され、
一瞬にして世界中から憎まれた

pic貧しい家庭で、幼いころから暴力と罵倒の中で育てられたトーニャ・ハーディング。天性の才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック選手となった。しかし、彼女の夫だったジェフ・ギルーリーの友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、スケート人生は一変してしまう…。

オリンピック代表権をめぐるライバル襲撃事件――
フィギュアスケート史上最大のスキャンダルの
真実が今明かされる!

pic アメリカ人女性初、史上二人目のトリプルアクセル成功者であるトーニャ・ハーディング。彼女が94年リレハンメルオリンピック出場権を得るために、元夫等にライバル襲撃を命じたと疑惑の目を集めた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」。本作はトーニャの生い立ちから、大きな影響を与えた母親をはじめとする人間関係などにフォーカスを当てながら、全世界を揺るがしたこのスキャンダル・オン・アイスの真相に迫る。

トーニャに扮するのは『スーサイド・スクワット』のマーゴット・ロビー。プロデューサーも務め、複雑な役を決然と演じきった。そしてもう一人の主役の母親役はエミー賞を7度受賞している演技派アリソン・ジャネイ。彼女の怪演は絶賛され、見事アカデミー賞助演女優賞に輝いた。

事件の真相を知るにつれ見えてくる、弱冠23歳で世界のヒール役に転じたスケーターの新たな顔。氷上のプリンセスから犯罪者へ、人生の頂点からどん底へと突き落とされたトーニャ・ハーディングの、悲しくもどこか愉快で、ワイルドでクレイジーな半生がスクリーンで明らかになる!

line テル・ミー・ライズ
このページのトップへ