フェイスブック
ツイッター
今週の混雑案内
english
★週の途中で上映時間(上映順)が替わります。変則的なスケジュールにご注意ください。

暗殺のオペラ デジタル・リマスター版
Strategia del ragno
(1970年 イタリア 99分 DCPpic 【10/27-29】 12:30 / 16:20 / 20:10
【10/30-11/2】 10:40 / 14:30 / 18:20
■監督 ベルナルド・ベルトルッチ
■製作 ジョヴァン ニ・ベルトルッチ
■原作 ホルヘ・ルイス・ボルヘス <伝奇集>より「裏切り者と英雄のテーマ」による(岩波文庫)
■脚本 ベルナルド・ベルトルッチ/マリル・パロリーニ/エドゥアルド・デ・グレゴリオ
■撮影 ヴィットリオ・ストラーロ/フランコ・ディ・ジャコモ
■音楽 ヴェルディ/シェーンベルク

■出演 ジュリオ・ブロージ/アリダ・ヴァリ/ティノ・スコッティ/ピッポ・カンパニーニ/フランコ・ジョバンネリ

■1971年ヴェネチア国際映画祭 ルイス・ブニュエル賞受賞

■オフィシャルサイト
 http://strategiadelragno2018.com/

■関連書籍
・CINEMA VALERIA vol.6(800円)

© Licensed by COMPASS FILM SRL - Rome - Italy. All Rights reserved.

レジスタンスの指導者だった父を殺したのは誰だ?
死の謎を追う息子がやがて知る驚愕の真実!

pic 北イタリアのとある小さな町に降りたった男の父は、かつてこの町でレジスタンスの闘士として活躍しファシストの手によって殺されていた。父の愛人から犯人を突きとめて欲しいと頼まれた男は、父の死の真相を探る為にやってきた。当時の関係者からヴェルディのオペラ“リゴレット”やシェイクスピアの“マクベス”からの引用を散りばめながら、父の姿が語られる。次第に彼は驚くべき事実に直面する…。

20世紀を代表するイタリア映画界のマエストロ、
ベルナルド・ベルトルッチが
弱冠29歳の若さで作り上げた奇跡の傑作!

pic『暗殺の森』、『ラストタンゴ・イン・パリ』、『ラストエンペラー』で世界の映画人を興奮の渦に巻き込んだ20世紀イタリア映画の巨匠ベルトルッチが、1970年に完成させた長編第4作。現代ラテン・アメリカ文学の鬼才ホルヘ・ルイス・ボルヘスの伝奇集“裏切り者と英雄のテーマ” から着想を得た監督が、小説の舞台アイルランドを北イタリアの架空の町に置き換え大胆に脚色し、公開当時誰も成しえなかったボルヘスの世界を映像化した歴史的作品である。

pic 撮影は本作以降ベルトルッチ作品には欠かせないパートナーとなり、フランシス・フォード・コッポラの『地獄の黙示録』をはじめ三度のアカデミー賞撮影賞に輝く名手ヴィットリオ・ストラーロ。日没直後のわずかな時間にとらえられた深いブルーの風景、官能的ともいえる光と影のコントラスト、流麗な移動撮影による時間表現等、物語世界を幻惑的にみせ圧巻の映像美といえる。

このページのトップへ
line

早春 デジタル・リマスター版
Deep End
(1970年 イギリス/西ドイツ 92分 DCP
pic 【10/27-29】 10:40 / 14:30 / 18:20
【10/30-11/2】 12:40 / 16:30 / 20:20
■監督 イエジー・スコリモフスキ
■脚本 イエジー・スコリモフスキ/イエジー・グルザ/ボレスワス・スリク
■撮影 チャーリー・スタインバーガー
■音楽 キャット・スティーヴンス/CAN

■出演 ジェーン・アッシャー/ジョン・モルダー=ブラウン/ダイアナ・ドース/カール・マイケル・フォーグラー/クリストファー・サンフォード/エリカ・ベール

■オフィシャルサイト
 http://mermaidfilms.co.jp/deepend/

■関連商品
・Tシャツ(Mサイズ、3800円)※数量限定
・CINEMA VALERIA vol.5(800円)

© 2011 Babaria Media All rights reserved.

死ぬほどの恋に落ちたんだ。

picロンドンの公衆浴場に就職した15歳のマイクは、そこで働く年上の女性スーザンに恋心を抱く。だが婚約者がいながら別の年上男性ともつきあう彼女の奔放な性生活を知るうち、マイクの彼女ヘの執着は徐々にエスカレートしていく…。

日本初上映から46年、映画ファンが渇望し続けた
イエジー・スコリモフスキの伝説の青春映画がついによみがえる!

pic 『早春』は、『手を挙げろ!』がポーランド政府の検閲によって公開禁止となって以降、活動拠点を徐々に海外へと移し始めていたスコリモフスキ監督がイギリス・ロンドンと旧西ドイツ・ミュンヘンで撮影した青春劇。小規模作品ながら、ヴェネチア国際映画祭で上映されるなど大きな評判を呼び、今ではスコリモフスキの最高作の一本に数えられている。

主人公の少年マイクを演じるのは、『初恋』で当時アイドル的人気を誇っていたジョン・モルダー=ブラウン。彼を魅了するスーザン役を、『アルフィー』他多くの作品に出演していたジェーン・アッシャーが演じる。音楽を手がけたのは、ロンドン出身のシンガー・ソングライター、キャット・スティーヴンスとドイツのロック・グループ“カン”。

いつの時代も色あせない思春期の普遍的な物語を、前衛的なイメージと若々しくエネルギッシュな映像で描いた『早春』は、恋に囚われた経験のある者すべてを、狂おしいほどに魅了する。

このページのトップへ