フェイスブック
ツイッター
今週の混雑案内
english

人生タクシー
TAXI
(2015年 イラン 82分 DCPpic 2017年10月28日から11月3日まで上映
開映時間 10:20 / 14:15 / 18:10
■監督・出演 ジャファル・パナヒ

■2015年ベルリン国際映画祭金熊賞・国際映画批評家連盟賞受賞 ほか多数受賞・ノミネート

■オフィシャルサイト
 http://jinsei-taxi.jp/

■物販情報
・パンフレット(600円)

©2015 Jafar Panahi Productions

喜びと悲しみを乗せて

pic タクシーがテヘランの活気に満ちた色鮮やかな街並みを走り抜ける。運転手は他でもないジャファル・パナヒ監督自身。死刑制度について議論する路上強盗と教師、一儲けを企む海賊版レンタルビデオ業者、交通事故に遭った夫と泣き叫ぶ妻、映画の題材に悩む監督志望の大学生、金魚鉢を手に急ぐ二人の老婆、国内で上映可能な映画を撮影する小学生の姪、強盗に襲われた裕福な幼なじみ、政府から停職処分を受けた弁護士など。タクシーのダッシュボードに置かれたカメラを通して、個性豊かな乗客が繰り広げる悲喜こもごもの人生、そして知られざるイラン社会の核心が見えてくる――

ベルリン国際映画祭最高賞受賞!
映画を愛する人、ものづくりに関わる人、
そして壁に立ち向かうすべての人々に贈る、
奇跡の人生讃歌!

picアッバス・キアロスタミ監督の愛弟子にして、世界三大映画祭を制覇したイランの名匠ジャファル・パナヒ監督。政府への反体制的な活動を理由に、2010年より“20年間の映画監督禁止令”を受けながらも、前作『これは映画ではない』では自宅で撮影した映像をUSBファイルに収め、お菓子の箱に隠して、国外へ持ち出し、2011年カンヌ国際映画祭キャロッス・ドールを受賞した。

pic 本作では監督自身がタクシー運転手に扮し、厳しい情報統制下にあるテヘランの街に暮らす乗客達の人生模様を描き出し、2015年ベルリン国際映画祭では金熊賞及び国際映画批評家連盟賞をダブルで受賞した他、数々の映画祭でも大絶賛を浴びた。決して諦めない勇気と軽やかに笑い飛ばすユーモアに満ち溢れた奇跡の人生賛歌が誕生した。

このページのトップへ
line

セールスマン
FORUSHANDE
(2016年 イラン/フランス 124分 DCP
pic 2017年10月28日から11月3日まで上映
開映時間 11:55 / 15:50 / 19:45
■監督・脚本 アスガー・ファルハディ
■撮影 ホセイン・ジャファリアン
■編集 ハイデー・サフィヤリ
■音楽 サッタル・オラキ

■出演 シャハブ・ホセイニ/タラネ・アリドゥスティ/ババク・カリミ/ミナ・サダティ

■2016年アカデミー賞外国語映画賞受賞/カンヌ国際映画祭脚本賞・主演男優賞W受賞 ほか多数受賞・ノミネート

■オフィシャルサイト
 http://www.thesalesman.jp/

■物販情報
・パンフレット(720円)

©MEMENTOFILMS PRODUCTION - ASGHAR FARHADI PRODUCTION - ARTE FRANCE CINEMA 2016

ある夜の闖入者――
たどり着いた真実は、
憎悪か、それとも愛か――。

pic教師エマッドとその妻ラナは、小さな劇団に所属し、俳優としても活動している仲の良い夫婦。ある日、エマッドの留守中に、引っ越して間もない自宅でラナが侵入者に襲われてしまう。警察に通報して犯人を捕まえたい夫と、表沙汰にしたくない妻の感情はすれ違い始める。やがて犯人は前の住人だった女性と関係がある人物だとわかるが…その行く手には、彼らの人生をさらに揺るがす意外な真実が待ち受けていた――。

アカデミー賞外国語映画賞受賞!
イランの名匠アスガー・ファルハディ監督最新作
濃密な心理サスペンスの傑作

pic 突然降りかかった事件をきっかけにゆるやかに理性をかき乱されていく夫婦の葛藤を軸に、登場人物たちの思惑がスリリングに絡み合う心理サスペンス。監督のアスガー・ファルハディは今や世界的に最も新作が待ち望まれるフィルムメーカーのひとりである。本作では『別離』に続き二度目のアカデミー賞外国語映画賞受賞という快挙を成し遂げたが、トランプ政権の入国制限命令に抗議し、主演女優のタラネ・アリドゥスティと共に授賞式へのボイコットを表明したことも大きな話題となった。

pic劇中で夫婦が演じる戯曲はアーサー・ミラーの「セールスマンの死」。ファルハディ監督はこの物語と急速に近代化が進む現代イランの社会状況とを重ね合せる。創作上の厳しい制約をものともせず、緻密にして繊細な脚本と緊迫感あふれる語り口で人間や社会がはらむ複雑なテーマを鋭くあぶり出す新たな傑作が誕生した。

このページのトップへ